血管内留置カテーテル管理研究会会則

会則

第一条(名称)

本会は血管内留置カテーテル管理研究会(略称:JAN・VIC)と称する。
(Japanese Association of Nutrition & Venous Access & Infusion & Care)
 

第二条(目的)

本会は、安全かつ適切な血管内留置カテーテル管理方法の確立・普及に向けて議論し、さらに、その管理方法を普及させるためのガイドラインの作成、研修・実践セミナー等の開催も活動の一環として実施することにより、広く一般に安全な血管内留置カテーテル管理が実施されることを目指し、国民の福祉に貢献することを目的とする。
 

第三条(事業)

本会は前条(第二条)の目的を達成するため、以下の事業を行う。
1.年1回以上の学術集会開催
2.年1回以上の会誌の発行
3.その他必要な事業
 

第四条(会員)

本会の主旨に賛同する医療従事者、関連する者および企業・団体をもって会員とする。会員は以下のように区分する。
個人会員:個人として本会に入会したもの
賛助会員:本会の運営を賛助する企業・団体
 

第五条(世話人・監事・世話人会)

本会は運営のために世話人会を持つ。
1.世話人は若干名とし、互選により代表世話人(1名)と監事を選出する。
2.世話人は1年間以上本会の運営に関わるものとする。任期は特に設けない。
3.監事は、会員から選出され、本会の会計監査を行う。会長や世話人との兼務はできない。
4.本会の事業年度は11月1日から翌月の10月31日までとする。
5.世話人会は世話人で構成され、年度末に開催し、当該年度の総括・会計報告・会計監査を行い、次年度の事業計画を議決する。議長は会長が行う。
 また、必要により、適宜開催する。会議は委任状による意思表示者を含めて世話人の2分の1以上の出席を以て成立しその過半数を以て議決される。
6.学術集会の運営にあたる当番世話人(学術集会会長)を置く。
 当番世話人(研究会/学術集会会長):世話人の中より選び、担当する年の研究会/学術集会を開催し、その実務運営にあたる。
 

第六条(役員の選出・脱会および任期)

1.代表世話人および監事の選出は、世話人の推薦により世話人会で審議し、世話人会で決定する。
2.代表世話人および監事の脱会は世話人会で決定する。
3.代表世話人および監事の任期は、3年とし、再任を妨げない。
 

第七条(顧問)

1.本研究会に顧問を置くことができる。
2.顧問は、学識経験のある者の中から世話人会の承認を経て、代表世話人が委嘱する。
3.顧問は、代表世話人の諮問に応じ世話人会に出席し、意見を述べることができる。ただし、表決に加わることはできない。
 

第八条(会費)

1.会員は年会費を納入するものとする。
2.個人会員の年会費は3,000円とする。
3.賛助会員の年会費は一口100,000円とし、最低1口以上からとする。
 

第九条(会計)

1.本会の経費は主に会員の参加費と寄付金とその他をもってこれにあてる。
2.会計年度は毎年11月1日より翌年10月31日までとする。
3.研究会時に開催される世話人会にて会計報告を行い、承認を得る。
 

第十条(研究会名称及び会則の改正)

研究会名称および会則の変更は、会長および世話人会の協議により行う。
 

第十一条(事務局)

本会の事務局は、本会の総務を取り扱う。
 

第十二条(附則)

本会則は平成26年12月1日より施行する。
本会則は平成28年8月20日に一部(会計年度の変更)改定し、平成28年11月1日より施行する。